Uncategorized

島田紳助さんの今…

島田紳助さんの今…

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/04/03(月) 16:46:41.33 ID:CAP_USER9

サンケイスポーツ 4/3(月) 16:24配信

島田紳助さん(写真:サンケイスポーツ)

 芸能リポーターの井上公造氏(60)が3日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金後1・55)に生出演。2011年に芸能界を引退した元タレントの島田紳助さん(61)の現在の様子について語った。

 番組では「芸能SP!引退&復帰…総まとめ」のコーナーで紳助さんについて取り上げた。井上氏が紳助さんに「芸能界への復帰があるのかないのか教えてください」と取材を申し込むと「公造さんの取材やったらええよ」と快諾。紳助さんは最近、ゴルフ週2回以上、筋トレ週3~4回、草野球1カ月2回といった生活をしていると明かした。その理由を紳助さんは「老いを防ぐため」と説明しているという。司会の宮根誠司(53)も「あるところで紳助さんの肉体を見せていただいた。すごく鍛えられていてちょっとしたレスラーみたい」と証言。ゴルフは70台で回ると井上氏も明かし、充実した生活ぶりだという。

 紳助さんは現在の自分について「自分で言うのもなんですが自由な旅人です」と表現。“紳助流旅の3カ条”とし、①行き先は国内外問わず、②思い立ったらすぐ出発、③旅の終わりは決めない、と時間や場所に縛られない“自由な旅人”として生きている。井上氏は「沖縄は今は引き払っている。(行きたい場所へ)行きたい時に、奥さんや友人を伴って行く」と、まさにこの3か条の生活を送っていると明かした。

 さらに井上氏は先月、紳助さんの誕生日会に出席しその際のエピソードも披露。「(午後)7時集合で朝方4時くらいまで。60人位、友人ばかり。そのうち4時間くらいは紳助さんがマイクを持っていた」とし、「芸人さんが1人もいないのはわかる。引退した人のほうが面白ったら嫌になる。全部アドリブで爆笑を取る」とかつて漫才師、名司会者として名を馳せた“しゃべり”は衰えていなかったと語った。

 現在の生活での“お金事情”について、紳助さんのは「現在は収入ゼロ。貯金だけで過ごしています」という。井上氏は「お店もプロデュースなんで(お金は)一切入ってこない」と状況を説明。紳助さんの貯金額については井上氏は「放送では明かせない」としながら、現金でどのくらいか、宮根にだけ耳打ち。額を聞いた宮根は思わず笑ってしまう。その額について「国家予算とまではいかないが、どっかの県くらい」と表現した。

 最後に、紳助さんは芸能界への復帰について「絶対にありません」と否定していると紹介。「なぜなら仕事をする理由が見つからないからです。今、僕が40歳なら戻っていたと思います。18歳で芸人になってから幸せなことに55歳まで走り続けることができました。この間、芸能界で出来ることは全てやりつくしました」と理由も明かされた。「引退後に『本を書きませんか?』というオファーをいただいたことがあり、一度は筆を取ろうと思いましたが、面倒になって結局お断りさせていただいたことがありました」と仕事の誘いがあったが断ったことも。「今、大切なものは家族と友人だけです」とし、「引退して何がよかったか?それは感謝の気持ちを持てるようになったことです」と現在の心境も明かされた。

 井上氏は、紳助さんが「今は本当に幸せだと言っている」と引退後にいい人生を送っているとし、宮根も「(紳助さんの)すごいところは、芸能界の仕事をしているときから違う業種のお友達が多かった。そういった人たちとゴルフに行ったり。そういう人脈の広さが紳助さんのすごさ」と称賛していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170403-00000541-sanspo-ent

2017y04m04d_100002763

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)
島田 紳助
ワニブックス
2009-09-01


続きを読む

-Uncategorized

×
セロクエル